DApps(分散型アプリケーション)を始めるにはイーサリアムを保管するためのウォレットとDAppsを起動する環境が必要になります。

 

ここではGoogleChromeの拡張機能に追加するだけでDAppsを使える環境とウォレットがセットになっている【MetaMask(メタマスク)】の作り方、送金方法と使い方を解説します。

MetaMask(メタマスク)は操作方法が簡単で直感的に使えるためオススメですよ。
メタマスクの特徴

  1. Chrome拡張機能で操作が簡単
  2. 複数のウォレットを作れる
  3. DApps(分散型取引所やゲーム)が使える

GoogleChromeをインストールする

MetaMask(メタマスク)を使うには対応するブラウザをインストールする必要があります。対応しているブラウザは4つあります。

メタマスク対応ブラウザ
  1. Chrome(クローム)
  2. Firefox(ファイヤーフォックス)
  3. Opera(オペラ)
  4. BRAVE

ここではChromeでMetaMask(メタマスク)をインストールする方法を紹介します。

まだChromeをインストールしてない方はこちら⇒Chromeをダウンロード

MetaMask(メタマスク)のインストール手順

MetaMask(メタマスク)1

メタマスクのHPから【CHROME拡張機能を利用する】をクリックします。

上記ボタンリンク以外からメタマスクをインストールする際にはURLが【https://metamask.io/】であることを確認してください。悪人が偽のサイトを作ってあなたのお金を盗もうとしているかもしれないからです。このようなフィッシング詐欺を防ぐためにもURLが正しいことを確認しましょう。

ChromeストアからMetaMask(メタマスク)を追加

MetaMask(メタマスク)2

画面右上の【CHROMEに追加】をクリックします。

MetaMask(メタマスク)3

狐のアイコンとタブが出てくるので【拡張機能を追加】をクリック

MetaMask(メタマスク)4狐のアイコンをクリック

利用規約を読んで同意する

MetaMask(メタマスク)45メタマスクを使うための利用規約が表示されるので右のタブを一番下までスクロールして【Accept】をクリックします。

パスワードを決定・入力

 

MetaMask(メタマスク)58文字以上のパスワードを入力します。盗まれるリスクを下げるため、なるべく取引所や他で使用しているパスワードとは別のものがいいですね。

パスワード自動生成ツールがありますので、それを利用してもいいでしょう。⇒パスワード自動生成ツールのサイト

SEED情報(復元パスワード)は絶対保存

MetaMask(メタマスク)6

パスワードを入力すると12単語で構成された文字列が表示されます。Google翻訳にかけても意味はないので注意してください。

この12単語はSEED情報または復元パスワードと呼ばれ、パソコンが壊れたときやMetaMask(メタマスク)を間違って削除してしまった場合に必要なパスワードになります。

【SAVE SEED WORDS AS FILE】を押すとテキストファイルでSEED情報を保存してくれます。

ただ何かの拍子にパソコンが壊れることなんて、よくある話ですので、紙に書いて保管しておくことをオススメします。

「あー!あの時やっておけばよかった(;_;)」なんてことにならないようにしましょう。

MetaMask(メタマスク)の送金方法・使い方

MetaMask(メタマスク)7メタマスク画面の【・・・】をクリックすると4つの項目が表示されます。

  1. Show QR Code…QRコードを表示
  2. Copy Address to clpboard…アドレスをクリップボードにコピー

②番をクリックすればアドレスがクリップボードにコピーされるので送金先アドレスに貼り付ければOKです。

QRコード表示画面

MetaMask(メタマスク)8QRコード表示画面はこんな感じです。イーサリアムアドレスが表示されている横にメモ帳みたいなアイコンがあるので、それをクリックしてもアドレスをクリップボードにコピーできます。

ここまででメタマスクの初期設定は終了です。

bitFlyer(ビットフライヤー)からイーサリアムを送金

MetaMask(メタマスク)9今回はbitFlyer(ビットフライヤー)からメタマスクに送金する手順を紹介します。ビットフライヤー以外の取引所でも、ほぼ操作方法は変わりません。まずはビットフライヤーにログインします。

左側の入出金をクリック

MetaMask(メタマスク)10

ログインしたら画面左端の【入出金】をクリックします。

メタマスクのアドレスと送金額を入力して送金

MetaMask(メタマスク)11入出金画面でETHご送付を選択し、

  • ラベル
  • メタマスクのアドレス
  • 送金額

これらを入力して送金します。

MetaMask(メタマスク)で入金を確認

MetaMask(メタマスク)11イーサリアムトランザクションの込み具合によりますが、30~60分程度でメタマスクに反映されます。これでDAppsができる準備が整いました。

まとめ

今後使いやすいウォレットはどんどん増えていくでしょうが、現段階ではメタマスクがDAppsを使う上で一番使いやすいウォレットです。

インストールから設定まで5分程度で終わるのでサクッと終わらせておきましょう。

 

⇒メタマスクの作成方法に戻る

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事