EthPhoenixは、Ethereumブロックチェーン上に構築されたプラットフォームです。この記事ではEthPhoenixの特徴や使い方について解説していきます。

EthPhoenix(イーサフェニックス)とは?Dappの内容や特徴

EthPhoenixの公式サイトには、開発者チームに関するページが存在しません。

もともとは数百万ドル相当のイーサリアムの盗難を招いた誤ったスマートコントラクトを修復するためのチームとして立ち上がりましたが、チームとして分散型アプリケーションの構築をしたいと考え始めました。

EthPhoenixプラットフォームは、革新的で魅力的なゲームやアプリケーションをブロックチェーン上に作ることだけを目的としたチームです。

EthPhoenix(イーサフェニックス)の使い方

ここでは、EthPhoenix内で使われるトークンEPXの購入方法をお伝えします。

まず最初に、MetaMaskをインストールし、イーサリアムを入れてください。MetaMaskがない場合は、サイト内のWebウォレット機能を利用できます。

EthPhoenix

EPXを購入するには、EPXに変換するEtherの量を入力し、 "Buy Tokens"ボタンをクリックします。

"EthPhoenix Token Balance"の下に、あなたが現在所有しているEPXの数が表示されます。

EPXが購入または売却されるたびに、購入/売却されたコインからの手数料の一部が現在のEPX保有者(配当金)の下で分割されます。

あなたは自分のトークンを配当に移動することができ、配当はEtherとして保存されます。これを行うには、 "Sell Tokens"ボタンをクリックしてください。あなたのトークンは現在の販売価格に基づいてEtherに転送されます。

「配当で購入する」を選択することにより、配当を使ってすぐにEPXトークンをさらに購入することもできます。

あなたのコインを現金化するには、 "引退"ボタンをクリックし、指示に従います。

EthPhoenix(イーサフェニックス)の今後・ロードマップ

記載が見当たりませんでした。詳細が公開され次第随時追記していきます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事